2017.01.16 Monday

結婚式の招待状を手作りするときに気をつけたい3つのこと

0

    JUGEMテーマ:結婚

    JUGEMテーマ:結婚式をします!

     

    結婚式の招待状【手作りの際の注意点】

     

    結婚式招待状 和婚タイプ

     

     

    手作りの招待状は、ふたりのセンスを発揮できるアイテムとしてとても人気があります。
    でも、その前にいくつか気をつけたいポイントがあるのをご存知でしょうか?


    今回は、招待状を手作りする際に気をつけたいこと3つのポイントについてお話したいと思います。

     

     

     

    ポイント:時間の余裕は充分か?

     

     

     

    結婚式を挙げるまでには、やるべきことがたくさんあります。

    充分に準備期間を取ったつもりでも、いざとなるとギリギリになってしまった……ということもよくある話です。


    特に、招待状は決まった様式や慣例に基づいた正式な書状です。

    また、お招きするゲストに失礼がないよう、お名前の文字等に入念なチェックが必要です。


    仕事や家事の合間を縫って結婚式の準備を進めつつ、招待状のデザイン、印刷、発送をするのは相当に時間の余裕が必要でしょう。

    一般的にほとんどのカップルが、挙式日の2か月から3ヶ月未満に招待状を投函されれています。

    このスケジュールから逆算して、4〜5か月前には余裕をもってデザインの選定や印刷作業に取り掛かりたいのものです。

     

     

    ポイント:予想外のトラブルに対処できるスキルがあるか?

     

     

     

    招待状を作る作業の中で、思いがけないトラブルが発生することがあります。
    用紙にうまく印刷が乗らない、使いたいフォント(字体)に外字(高と發里茲Δ法同じ発音と意味でも表記が異なるもの)が見つからないといったパソコンとプリンタの問題や、招待状にふさわしい文章や体裁になっているか、という様式の問題が発生する可能性は充分に考えられます。

     

    そういった予想外のトラブルに対処できるスキルがなければ、作業に時間がかかってしまうばかりか、刷り直しの連続で業者に依頼するより高くついてしまうことも。

     

    作業工程をよく考えて、自分のスキルで対応可能かをよく検討する必要があります。

     

     

     

     

    ポイント:ふたりで作業を進められるか?

     

     

     

    これが一番大事なポイントです。
    招待状の作成には、たくさんの工程とチェックしなくてはならない箇所があります。

     

    手作りの招待状にチャレンジするのなら、必ず作業はふたりで分担して、目を変えて何度もチェックしましょう。

    特に、それぞれの親族のお名前はご両親にも協力してもらって確認することが重要です。

     

     

     

    まとめ

     

    手作りで世界にひとつだけの招待状を作ることは、上手く作れればとても素敵な思い出になることでしょう。
    でも、作業に手間取って疲れた顔で挙式当日を迎えては元も子もありません。


    招待状は、実に多くのデザインが販売されています。根気よく探せば、きっとおふたりの好みのデザインが見つかることでしょう。好みの招待状を購入して、専門店に印刷を依頼することも視野に入れてみるのもおすすめですよ。

     

     

     

    【関連記事】

     結婚式の招待状を作る前にやっておきたい3つのこと

     最初に決める最重要ペーパーアイテム|結婚式招待状の選び方

     結婚式招待状の印刷を専門店に依頼する4つのメリット!

     

     

     

     

    ペーパーアイテムの印刷込み専門店をお探しなら

    ペーパープランナーIGWへ

     

    商品サンプルも無料でお送りします。

    結婚式印刷部サンプル請求

     

    2017.01.08 Sunday

    結婚式の招待状を作る前にやっておきたい3つのこと

    0

      JUGEMテーマ:結婚式をします!

      JUGEMテーマ:結婚

       

       

      結婚準備はお早めに!

      まずは招待状からスタートします

       

       

      結婚準備の中で重要な作業のひとつが、招待状の作成です。
      忙しい日常生活や仕事の合間で準備を進めていくのですから、できるだけ効率よく作業を進めたいものですよね。


      今回は、結婚式の招待状を作る前にやっておきたいことについて考えてみたいと思います。

       

       

      お招きするゲストを確定する

       

       

      基本中の基本ですが、意外と手こずるのがお招きするゲストのリストを作ることです。


      新郎新婦の人数バランス、それぞれの友達付き合い、職場での付き合い、ご両親やご親族の意向が入り混じって、なかなかリストが仕上がらないというケースもよく見られます。

      特に親族関係へのご案内の範囲は、ご両家ご両親のアドバイスがないとお二人だけで決められるものでもありません。


      しかし、リストが仕上がらないと始まりませんので、この作業には出来る限り早めに取り掛かるようにしましょう。
      リストを作る時は、大まかな席次表を作りながら作業を進めると、視覚的にも判断が明確になり、後ほど席次表の原稿を作成する時間が節約できますよ。

       

      席次表のレイアウト用紙は、各結婚式場で必ず用意してありますので、招待状作成の時点でいただいておきましょう。

       

       

       

      ゲストのご住所やお名前を調べる

       


      これも基本中の基本ですね。しかし、いざ入力段階になって、知っているつもりのひとの名前の漢字が出てこない!

      なんてこともよくあります。


      特に気をつけたいのがご親族のお名前やご住所です。ご両親やご祖父母に聞けばわかると思ってしまいがちですが、聞いた内容自体が間違えているというケースも珍しくありません。


      少しでも不安があるときは曖昧なままにせず、直接ご本人に確認する等の対策を取りましょう。
      お招きするゲストのお名前や住所に誤りがあるのは、とても失礼なことです。
      くれぐれも間違いがないよう、きちんと確認するようにしたいですね。

       

       

       

      結婚式のテーマを決める

       

       

      招待状のデザインを選ぶのに重要な作業です。
      結婚式は、ドレス、会場、ペーパーアイテム、装花……といろいろなアイテムで装飾されます。

      そのテイストがバラバラだと、ゲストにチグハグで垢抜けない印象を与えてしまいます。


      どういうスタイルのお式にしたいのか、テーマになる色はどうするか、等をおふたりでよく話し合って決めておきましょう。
      そのテーマに沿って招待状を選ぶことで、お招きするゲストにもお式のスタイルがなんとなく伝わります。


      特に女性のゲストは、招かれるお式のスタイルによって選ぶファッションも異なります。

      そういった意味でも、招待状のデザインは非常に重要だと言えるでしょう。

       

       

       

      まとめ

       

      結婚式の準備はとても慌ただしくて大変ですが、後から思い出すと、お式の当日と並ぶくらい素敵な思い出になることでしょう。

      お二人の共同作業は効率よく作業を進めて、素敵な結婚式を迎えられるようにしたいですね。

       

       

       

       

       

      【関連記事】

       結婚式 招待状

       

       

      ペーパーアイテムのご用命は

      結婚式 招待の格安印刷会社|ペーパープランナーIGWへ

       

      商品サンプルも無料でお送りします。

      結婚式印刷部サンプル請求

      2017.01.04 Wednesday

      最初に決める最重要ペーパーアイテム|結婚式招待状の選び方

      0

        JUGEMテーマ:結婚

        JUGEMテーマ:結婚式をします!

        失敗しない結婚式招待状の選び方

         

        結婚式の重要アイテム招待状

         

        結婚が決まると、挙式までにたくさん決めなくてはいけないことがありますね。
        ブライダルフェア等で、たくさんのアイテムに囲まれて戸惑ってしまった方も多いのではないでしょうか。

         

        お式の準備の中で、一番最初に決めなくてはならないのが招待状のデザインです。

         

        結婚披露宴のゲストへの正式なご案内にもなる招待状は、ブライダルアイテムのなかでも最も重要な位置を占めていると言えるでしょう。
        今日は、二人らしさを大事にしたご列席のゲストに喜んで頂ける結婚式招待状の選び方についてお話したいと思います。

         

         

        結婚式のテーマカラーを決める


         

        結婚式招待状のテーマ

         

        まず、どんな雰囲気の結婚式にしたいのかをお二人で納得いくまで話し合いましょう。

         

        たとえば、アンティークなレストランでアットホームな人前式なお式を挙げたいとします。

        そうなると、自然と似合う色が決まってきますね。

        この場合ですと、グリーンやアイボリー、ブラウン等の温かみのある色がそれにあてはまります。


        したい結婚式の雰囲気に合う色味を選び、そのテーマカラーに沿ったアイテムを選んでいけば良いというわけです。
        どんな雰囲気が良いか決まらない、という場合は挙式日の季節をテーマにしても良いでしょう。


        これも難しく考える必要はありません。

        2月のお式なら、梅のモチーフをテーマにしても素敵ですし、7月のお式なら七夕にちなんで藍色を中心にコーディネイト……といった感じです。

        季節感を大事にしたテーマは、万人に受け入れられる安定感もありますし、二人らしさを演出するのにもぴったりです。


        そうやって選んだテーマカラーに合う招待状を選べば良いというわけですね。

         

         

        挙式の格式に合った招待状を選ぼう

         

         

        結婚式招待状も思いやりを持って

         

        二人の挙げたいお式の雰囲気とテーマカラーに合わせた招待状を選ぶことは先述の通りです。

        しかし、招待状は全てのゲストにお送りするものです。


        堅苦しくないアットホームなお式にしたいとしても、あまりにラフな招待状を送るのは望ましくありません。

        招待状は古からの慣例など形式にのっとって送られるお知らせです。


        挙式のご案内としてわかりやすく、かつ一定の格式は必要だと言えるでしょう。


        また、カバー・表紙のデザインに目が行きがちですが、上質な素材を使うことで過剰な装飾は必要ない場合もあります。

        上質な紙素材に黒一色できりりと印刷された文面は、それだけでも美しいものです。


        ご両親や目上の人の意見も取り入れつつ、二人らしさをいかした招待状を選びましょう。

         

         

         

        まとめ

         

        結婚式の準備は、一生に一度のことですし慣れないことばかりで戸惑うかもしれませんが、まず二人のしたいお式のスタイルやテーマカラーを決めることから始めましょう。


        そして、全てのゲストにお送りする招待状は、ある程度の格式を大事にして選びたいですね。

         

         

         

         

        【関連記事】

         ペーパーアイテムの選びかた|3つのスタイル別セオリー

         結婚式のトータルデザインはペーパーアイテムがベースです

         結婚式に必要な印刷物=ペーパーアイテムまとめ

         

        格安印刷招待状をお探しなら

        シリーズ別商品一覧のページをご覧ください。

         

        商品サンプルも無料でお送りします。

        結婚式印刷部サンプル請求

         

         

        2016.12.23 Friday

        結婚式招待状の印刷を専門店に依頼する4つのメリット!

        0

          JUGEMテーマ:結婚

           

          結婚式の招待状は専門店にお任せが安心

           

           

          結婚式をすると決めたら、まず最初に気になるのが結婚披露宴の招待状のこと。
          誰を招待したら良いのか、どんなデザインのものにしたら良いのか……

           

          最近は手作りの招待状も多いけど、ペーパアイテムの専門店に印刷作成を依頼するのとどう違うんだろう?
          今まで招待される側として目にしたことはあっても、自分たちでいざ出すとなるとわからないことばかりですよね。

           

          今回は、招待状の作成・印刷を専門業者に依頼するメリットについてお話したいと思います。

           

           

          メリット:時間が大幅に節約できる

           

          結婚式を挙げるまでには膨大な準備が必要です。仕事や日常生活の合間を縫って準備をするのですから、プロにお願いできるところは任せてしまいたいもの。特に、招待状の作成はご案内としてとても神経を使うものです。

           

          そんなとき実績豊富な専門店に依頼すれば、招待状の準備にかける時間は大幅に節約できます。

          その分、お二人はお式の他の準備に集中することができるというわけですね。

           

           

          メリット:プロ用の機材による美しい印刷

           

          プロの使うレーザープリンタでの仕上がりは、家庭用インクジェットプリンタと比較すると別格の美しさです。
          プロ用の機材を使って黒一色で印刷された紙面は、シンプルながらとても美しいものです。

          それだけで招待状をワンランクアップさせてくれるでしょう。

           

          招待状はお二人のこだわりもなどもあるでしょうが、自分たちのことよりも、なんといっても受け取る方に満足していただくことが一番大事です。

          その点、経験豊富なプロの仕上げ手であれば安心です。ご両親やご年配のゲストにもきっとご満足頂けますよ。

           

           

           

          メリット:結婚式特有の慣例やマナーを熟知している

           

          結婚式の招待状には、細かい慣例やマナーが多くあります。
          調べてわかる範囲のものも多くありますが、それを全て守って招待状の体裁を整えるのは、思った以上に大変な作業です。
          でもたくさんのカップルの招待状を手がけてきた、結婚式のペーパアイテム専門店なら、慣例や様式にのっとった格調高い招待状を作成することができます。

           

           

           

          メリット:第三者によるチェックができる

           

          招待状の文面や宛名にはチェックするべき項目がたくさんあります。これをお二人だけですべてこなすのは本当に大変です。
          しかし専門店に作成・印刷を依頼すると、文面や宛名を打ち込むところまでは請け負ってくれますので、お二人はリストに沿って内容をチェックするだけ。

           

          結婚式のご案内として一番大切な招待状もプロの手で完璧に仕上げることができます。

           

           

           

          まとめ

           

          今回は、結婚式の招待状をペーパーアイテム印刷専門店に依頼するメリットについてご紹介しました。
          結婚式の招待状は、ゲストの皆さんが最初に目にするアイテムです。

           

          それだけに、マナーや慣例を守った格調高い仕上がりにしたいもの。
          結婚式印刷物専門店に印刷を依頼することで、時間を節約しつつ美しい仕上がりの招待状を作成することが出来ます。

           

           

          結婚式の招待状印刷は実績20余年のIGWへ! サンプルも無料です

           

           

           

          2016.12.03 Saturday

          結婚式招待状作成のマナーときまりごと|専門店のアドバイス封筒編

          0

            JUGEMテーマ:結婚

             

            結婚式招待状 原稿作成の基本=封筒編

             

            結婚式のペーパーアイテム格安印刷専門会社 ペーパープランナーIGW  です。

             

            前々回から、結婚式招待状セットの内容についてお話させていただきましたが、今日は本状や返信はがき・地図などを入れてゲストへお送りする封筒について、その印刷内容をご案内いたします。

             

            結婚式ペーパーアイテム招待状セット

             

            封筒差出人印刷

             

            封筒には、下図のように招待状の差出人の名前と住所を印刷します。

            差出人名は、招待状本状文例に依存して統一させます。

            例えば、両親が案内する本状文例ではご両親の名前、また本人主体の案内状であれば新郎・新婦名を¥記載します。

            文例集は当ブログこちらのページを参考にしてください。

             

            ちなみに、弊社では横書きでは「明朝体」縦書きは「楷書体」の書体を使用しています。
            また、一般的には封筒差出人には郵便番号は記載しません。

             

            横書きの場合、記載が右寄せとなっておりますがこれは、中央揃えにすると封印シールを貼った時、被る場合もあることを想定してのものです。もちろん中央揃えなどお客様のご希望の配置もお請けします。

            また縦書きの場合は中央より少し下からの印字がバランスよく、収まりもよく見えます。

             

            結婚式招待状封筒差出人印刷見本

             

             

            封筒宛名印刷

             

            封筒の宛名は、約半数の方がご自分たちで手書きするといわれています。

            やっぱり、ご招待するゲストのお顔を思い浮かべながら、お二人のお気持ちを込めて手書きでお届けすることが、一番よろしいと思います。

             

            ただ、お仕事で時間が取れない、手書きにどうしても自信がない、ミスすると封筒の予備が心配だ、などで宛名印字のご依頼が最近多くなっています。

            そのようなご依頼に弊社では、なるべく毛筆手書きに近いフォント「行書体」を使用して作成しております。

            下図は縦書き横書きのサンプルです。

             

            ご住所によっては非常に長い地名などもありますが、差し込み印刷とか自動の専用アプリなどは使わず、おひとりおひとり文字間の微調整や、長体、平体処理などでなるべく手書き筆耕に近い雰囲気の宛名印刷を心がけています。

             

            ※ご注意

            中にはシールを貼ってはどうかなどのご相談を受けますが、シールはDMなどの印象が強いですので、婚礼の格式ある招待状ではおやめになるべきです。

             

            結婚式招待状封筒宛名印刷見本

             

             

            封筒手書き筆耕見本

             

            参考までに、弊社にて以前お願いしていたプロの筆耕屋さんの手書きの見本を掲載します。

             

            結婚式招待状封筒宛名手書き筆耕見本

             

             

            実は、弊社では数年前までは、結婚式場からの依頼やネットでのご注文でも手書き筆耕の請負も承っていました。

            これは外注で、プロの筆耕屋さん3名と契約しておりました。

            皆さんそれぞれ当然書道の有段者で、賞状書士や賞状技法士、書道師範を兼ねる方たちです。

             

            ところがネットから筆耕のご注文いただいたお客様にお納めしたところ、どうも「あまり上手くない」「これなら自分で書いた方が良かった」というクレームが発生してしまいました。

            字の上手・下手は個人の主観的判断に拠るところが多いので、その点はノークレームノーリターンの旨文書にてご了解をいただていたのですが、お客様は納得していただけません。

            「とにかくもっと上手な人に書き直してほしい」とのことですので、それでは別の筆耕屋さん2名の筆跡をメールにて添付させていただきましたがどちらもNGとのこと。

            結局ご自分で書くので、封筒差出人だけ刷り直しということで落着しました。

             

            この一件、筆耕屋さんには内緒にしていたのですが、ひょんなことから発覚してしまい当事者のプライドはズタズタ。

            弊社とも険悪な状態となってしまいました。

            そんな経緯から、自社で完結できない仕事はやらないと決め、現在は手書きの筆耕はお請けしておりません。

             


             

            今日は結婚式招待状の封筒の差出人と宛名印字についてお話しさせていただきました。

            これからも結婚式のペーパーアイテム作成についてご案内させていただく予定です。

             

             

             

             

            2016.11.27 Sunday

            結婚式招待状作成のマナーときまりごと|専門店のアドバイス返信はがき編

            0

              JUGEMテーマ:結婚

              結婚式招待状 原稿作成の基本=返信はがき編

               

              結婚式のペーパーアイテム格安印刷専門会社 ペーパープランナーIGW  です。

               

              さて前回から、結婚式の招待状作成のマナーやきまりごとについてお話させていただきましたが、今日はゲストの出欠の可否をお伺いする返信はがきにつきましてご案内いたします。

               

              返信はがきは、必ずしも全員に同封するものでもありません。ご兄弟や家族など間違いなく出席いただける場合などは必要ありません。また地域によっては、慶事に欠席はありえないということで返信はがきを省略するところもございます。

               

              返信はがきの受取人の記載は、本状の文例に合わせることが一般的です。(文例はこちらでご紹介しております)

               

              ●両親用文例→ご両家親名

              ●本人用文例→新郎・新婦名

              ●文例にかかわらず入籍・同居されている場合→新郎・新婦の連名

              (ただし、お互いのゲストの返信を分けて管理したい場合は、それぞれのお名前でお出しすると良いでしょう)

               

               

              返信はがきの表面
              ※返信はがきは、ご自身が受取人となりますので敬称「様」は付けず「行」とします。

              「行」はご招待者が斜線を引いて必ず「様」と書き換えるマナーがございます。

              ですので、「様」を書くスペースをこちらも思いやりをもって開けておくために少し左に小さめに記載します。

              なお連名の場合は、「行」は1つだけでお二人のお名前の中央に表記します。

               

              ※すでに入籍されている場合は、どちらかの新しい姓で表記し、(旧姓 ○○)と小さめに書き足します。新しい姓は、なかなかなじめないものですので、旧姓を入れることで古いご友人などもすぐに思い出してくれるでしょう。

               

              ※弊社の場合、フォントは 縦書きは「楷書体」横書きは「明朝体」を使用します。

               

               

               

              返信はがきの裏面
              ※返信はがきの裏面には、「出欠の可否」「ご芳名とご住所」「メッセージの依頼」を印刷します。

              出欠の欄は○を付けていただける形にし、「どちらかを○で囲んでください」と表示します。

              ただ、ペーパーアイテムをお買い求めの場合は、商品によってまちまちですが大体この3点の記述はすでに印刷が施されているのがほとんどですので、ご自分で印刷されることはないでしょう。

               

              ※これ以外にバス利用の有無や、アレルギーや送迎バス・宿泊の有無の確認、二次会への参加意向等の文章を追加で記載することもできます。これらは、招待状の本状に記載することや、付箋でご案内することも可能ですが、全員に問うものでない内容だったりした場合は返信はがきで返信いただけるので便利です。

               

               

               

              投函前のご注意
              ※返信ハガキには必ず慶事用の切手(52円)を貼りましょう。会社内の方などに招待状を手渡しされる場合でも、「節約」するようなことは避けましょう。

              特に裏面に色々な注釈がある場合には、毎日顔を合わせる方でも後日検討して郵送されることもありますので、くれぐれも寿切手(慶事用切手)を貼付してご案内しましょう。

               

               

              今日は結婚式招待状の返信はがきについてお話しさせていただきました。

              次回は封筒印刷についてご案内させていただく予定です。

              Calendar
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>
              結婚式のペーパーアイテム専門店

              ご用命はペーパープランナーIGWへ
              にほんブログ村ランキング
              にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダル(業者)へ
              にほんブログ村
              人気ブログランキング

              結婚式・ブライダル ブログランキングへ
              Clock
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM