<< 結婚式招待状の印刷を専門店に依頼する4つのメリット! | main | 結婚披露宴の新定番!プロフィールブックを作ろう >>
2016.12.24 Saturday

結婚式に必要な印刷物=ペーパーアイテムまとめ

0

    JUGEMテーマ:結婚

    JUGEMテーマ:結婚式をします!

    結婚式で必要になるペーパーアイテムをまとめてみます

    結婚式に必要な印刷物


    結婚式や結婚披露宴の印刷物である招待状・席次表・席札・メニュー表は、一般にペーパーアイテムと呼ばれています。これらの印刷物は、結婚式を進めるうえでそれぞれが、新郎新婦お二人とゲストを取り持つ重要な役割を担っています。
    それではこの4つの印刷物についてご説明いたします。

     

     

    結婚式・披露宴招待状印刷

    結婚式の招待状・案内状


    結婚式を挙げるには、料理や衣裳・引き出物など、小物まで含めると相当数の必要なアイテムがあります。
    その中でも、会場が決定し一番最初に必要になるものは、関係の皆さまへ結婚披露宴をご案内する招待状ということになります。

     

    結婚式は、まず最初にお二人の結婚式やその披露宴などをお知らせする招待状(案内状)を作成することから始まります。
    ですので、この招待状をゲストの顔を想いながらどのようなアイテムで作成するかはお二人の結婚式全体のコンセプトと言っても過言ではありません。

     

    このように大切な意味を持つ招待状は、どんなゲストに届いても遜色ない、やはり格調高い一流の招待状でありたいものです。

    さてこの招待状で必要となる印刷物は以下の3点です。

    • 招待状本状:ご挨拶と日時や場所、返信期日などの案内文を印刷します。
    • 返信はがき:表にはご両家の受取人、裏に出欠の有無やメッセージ欄、食物アレルギーの注釈などを印刷します。
    • 封筒:表にゲストの宛名、裏に差出人を印刷します。

    このほかに、会場の案内地図・挙式や親族紹介の時間の案内・受付や祝辞・乾杯などの依頼文を付箋として同梱します。

     

     

    結婚披露宴席次表印刷

    結婚披露宴の席次表(席順表・座席表)


    招待状で結婚披露宴などをお知らせした、ゲストからの出欠の有無を返信はがきでいただき、当日の出席者が決定します。
    この列席者様の席順や座席の場所を当日受付でお渡しするのが席次表です。席順表や座席表などとも呼ばれています。

     

    お仕事の関係の主賓や友人・親族など失礼のないように古くからの礼儀やマナーをもってそれぞれお席を配置します。
    並び順などは一定の決まりがあり、各式場側のルールなども含めてプランナーさんがアドバイスしてくれます。
    今は、この席次表にオプションでプロフィールやメニュー表、式次第なども両面を使って印刷するケースも人気です。

     

     

    結婚披露宴席札印刷

    結婚披露宴の席札(名札・ネームカード)

    結婚披露宴で席次表とともに必要なのが、自分の名前が記された席札(名札・ネームカード)です。
    最近はこの席札の裏面などに、新郎新婦直筆のメッセージを書かれる方が多くなってきました。

    こちらのページに参考例がございます。

     

    列席者様お一人お一人に、本日の出席へのお礼やお世話になったこと、近しい親族などには子供の頃のエピソードなどを書かれると大変喜ばれます。
    席札もゲストがお席に着いた時最初に目にする物ですので、ペーパーアイテムの中でも大切なおもてなしの役割をもっています。

     

     

    結婚披露宴メニュー表印刷

    結婚披露宴のメニュー表(お献立)


    さて、もう一つの大きなおもてなしの一つが、各ゲストのお席に置いておく当日のメニュー表です。
    結婚式の披露宴ではお二人の晴れ姿を見て、列席者全員で会食しながら祝福するため、当日のメニューも大きな楽しみの一つです。

     

    最近は、席次表にメニュー表を添付してしまい披露宴前の待ち時間に事前にお知らせしておくメニュー表付席次表を作成する方が多くなってきました。
    これですと、用紙代金は席次表だけで済みますので結婚費用の節約にも大きく貢献できます。

     

     

    ぺーアイテムの作成方法

     

    ペーパーアイテムを作成するには大きく分けて次の3つの方法があります。

    • 結婚式場に依頼する
    • 用紙を買って自分で印刷する
    • 印刷込みで外部業者に外注する

    これらを印刷費用の面からみると一般的には、

     

    結婚式場に依頼する⇒高い

    用紙を買って自分で印刷する⇒用紙代だけなので安い

    印刷込みで外部業者に外注する⇒式場よりは安い


    というように言われていますが、一番安くあげられる自分で印刷する場合でもお二人のPCスキルや印刷環境、費用の考え方、それから自分が持てる作業時間配分などでそれぞれメリット・デメリットが発生すると思います。
    ですが、このテーマの結婚費用をペーパーアイテムで節約するという観点から、総合的に判断すると「印刷込みでネット検索により外部業者で作成する」というのが一番おススメです。

     

    この理由は長くなってしまいますので手前味噌で恐縮ですが、

    弊社サイトペーパーアイテム印刷完成品おススメのページに記載しておりますのでご覧いただけれ場ば幸いです。

    ただしこの場合の注意点は、何かと不安なネット取引ですので、安心で信頼のおける業者選びが大前提です。
    加えて式場価格よりも安価でなければ意味をなさないですから、面倒がらずに数ページを検索し業者をリストアップしましょう。


    そして料金やサービスなど目星がついたサイトから、必ずサンプルや資料請求をして現物をお確かめになることが肝心です。
    ほとんどのサイトでサンプルは無料で手に入ります。

    それから、これも大切なことですがまず電話で依頼先に必ず問い合わせをしましょう。
    スタッフや店長とのやり取りで信頼度が図れます。


    この辺のところは、このShopBlogペーパーアイテム格安で安心な業者の選び方のページに詳細を記してありますので是非ご覧になってください。

     

     

    まとめ

     

     

    最近の結婚費用の節約志向の高まりにより、ネット等で手づくりキットを購入しご自分で印刷するスタイルが多くみられます。
    しかし、残念ながら我ら専門業者から見ると、その品質等で首をかしげたくなるような結果が見られることがたびたびございます。

     

    どうも手づくりが一番安いと思われている節が多いのですが、印刷トラブルなどで、再度業者に依頼して結果的に式場価格よりも高くついてしまうなどトータル的に見て実はそれほど安くも上がらないことが多いのも事実です。

     

    やはり一生に一度の結婚式、格式ある格調高い商品に完璧な印刷で、大切なゲストにお渡ししたいものです。

     

    弊社で取り扱う商品は、実際に結婚式場で使用している本格アイテムにプロの技術で印刷しますので必ずご安心いただけるものです。料金も用紙代すべて込みで、結婚式場価格の約半額程度でお届けできます。

     

    今回の記事内容の詳細や印刷料金等は、弊社サイト商品説明・料金ご案内のページをご覧いただければ幸いです。

    商品サンプルも無料でお送りできますので、ぜひご利用ください。

     

    コメント
    コメントする