<< ペーパーアイテムの役割をテーブルコーディネイトから考えてみました | main | 結婚式の招待状を手作りするときに気をつけたい3つのこと >>
2017.01.12 Thursday

結婚式ペーパーアイテムの手作りは本当に結婚費用の節約になるのか?

0

    JUGEMテーマ:結婚式をします!

    JUGEMテーマ:結婚

     

     

     

    結婚式ペーパーアイテムの手作り

    素材購入費用や手間から考える

     

     

    結婚式のペーパーアイテムの手作りは、ここ数年のウェディングトレンドのひとつになっています。
    豪華な結婚式よりもアットホームな結婚式が好まれるようになってきたのと、世界にひとつだけのペーパーアイテムがほしいと思うおふたりが増えてきたからでしょうか。

     

    また、ペーパーアイテムの手作りで結婚費用を節約しようと考える方も多いようです。


    今回は、ペーパーアイテムの手作りは、はたして本当に節約になるのか考えてみたいと思います。

     

     

     

    ペーパーアイテムを作るのに必要なもの

     

     

     

    基本的なペーパーアイテムとは、招待状・席次表・メニュー表・席札を指します。
    この4種類を作るのに必要なアイテムは主に以下のようなものです。

    • 招待状の台紙カバー(印刷中紙)
    • リボン(ゴム紐)
    • 封筒
    • 返信はがき
    • 封緘シール
    • 各種付箋
    • 席次表の台紙カバー(印刷中紙)
    • メニュー表の台紙カバー(印刷中紙)
    • 席札の用紙

    紙類だけで、かなりの種類になりますね。

    そして、それを印刷するためのプリンタ、インク、紙を加工するためのクラフトパンチ等のクラフトツールも必要になります。


    改めて考えてみると、買い揃えなくてはいけないものが相当多いことがわかります。
    特に、プリンタや文具、クラフトツール等はそう安価なものではありません。

    全て買い揃えるとしたら、それなりの出費になってしまうでしょう。

     

    それから意外と忘れられていることですが、印刷する中紙をA4やA5の規格品で揃えたとしても、その台紙カーバーは2〜3伉度大きくしなければなりません。

    これは規格外となりますので、大きな紙を購入して断裁までお願いすることになります。

     

    また、ペーパーアイテムの手作りをしたい人は、デザインにもこだわりがある人も多いため、紙素材も高価なものを選ぶことが多いようです。

    そうなると、なおさら費用がかさむことになるでしょう。

     

     

     

    節約を取るか?心の余裕を取るか?

     

     

     

    ペーパーアイテムの手作りは、パソコンやデザインのスキルがあったとしても、かなりの時間と手間を必要とします。

    お招きするゲストのお名前を入力したりするため、誤字や脱字がないように入念なチェックをしなくてはいけません。


    また、細かい単純作業も多いため、おふたりの作業分担が必須になるでしょう。

    そうでなくても、結婚準備は慣れないことばかりで神経を使います。


    日常生活や仕事に追われながら、ペーパーアイテムの手作りをするのは本当に大変です。
    多少の出費で心の余裕を得られるのなら、そのほうが良かったかも……という先輩花嫁さんの意見も無視できませんね。

     

     

     

    まとめ

     

    ペーパーアイテムの手作りは、費用の節約だけを目標にすると満足な結果を得られないこともあります。
    おふたりのスキルと時間的な余裕、どこまでの出費なら許容できるかというバランスをよく考えて、後悔のないような判断をしたいですね。

     

     

     

    【関連記事】

     結婚式のペーパーアイテムの印刷をプロに依頼するべき理由

     結婚費用節約の第一歩?ペーパーアイテムの持ち込みについて

     結婚式招待状の印刷を専門店に依頼する4つのメリット!

     

     

    ペーパーアイテムの印刷込みでご注文は

    ペーパープランナーIGWへ

     

    商品サンプルも無料でお送りします。

    結婚式印刷部サンプル請求

    コメント
    コメントする