<< 結婚式ペーパーアイテムの印刷料金につきまして(用紙セット代込み) | main | ペーパーアイテム制作料金の比較|印刷込み・手作り→どっちがお得? >>
2016.11.21 Monday

結婚式ペーパーアイテム手作りキットの用紙代金につきまして

0

    JUGEMテーマ:結婚式をします!

     

    結婚式 招待状・席次表の格安制作印刷会社|ペーパープランナーIGW です。

     

    今日は、前回ご紹介いたしました 用紙セットを含めた「印刷込み」商品 にかわりまして、自作される方向けの「手作りキット」印刷用紙セットにつきまして、商品の部品セットや料金などをご案内いたします。

     

    ところで結婚式を節約するため、というか式場価格が高いため、皆さん何か「持ち込み」で費用を浮かせたいとお考えになるでしょう。

    そのなかで、ドレスなどはなかなか難しいでしょうが、ペーパーアイテムは比較的持ち込みが可能なところが多いので近年とみに持ち込み件数が増えているようです。

    弊社取引の式場様のお話では約4割のカップルが持ち込みをされているとのことです。(支配人は売上がどんどん減ってしまうと嘆いていました! だったらもう少し安くしたらいいでしょうに…。ウチはやすく卸してるんですから!とまでは言えませんでした。)

     

    ペーパーアイテムと言えど、式場側で見ると一般的結婚式総費用の約5%を占めますのでそうそうバカにならない金額ですからね。

    70名程度の挙式ですと、外部の印刷会社の印刷込みや自分で手作りすると、10万円近くの節約ができることがあります。

     

    さて、この持ち込みのパーパーアイテムですが作成には2とおりの方法があります。

    一つは前回お話ししたように、弊社などの外部の印刷業者に丸投げで、完成品まで作成してもらう。

    もうひとつは、結婚式用のペーパアイテム用紙キットを買って、文面を作成、自分で印刷までする。

    実は、式場持込み組の中では圧倒的に自作される方のほうが圧倒的に多いみたいです。

    なぜ、自作される方が多いのかと自分の考えは後述します。

     

    それでは招待状からご案内していきますが、弊社用品をご使用になられる場合のご注意をお知らせします。

    推奨するのは、というかこれじゃないときれいに仕上がりません。

     

    ●レーザープリンタをお持ちか他所(勤務先など)で使用できる環境にある方

    ●席次表印刷なら、レーザープリンタもB4版印字が可能なA3プリンタが使用できる方

     

    婚礼印刷物は、一生に一度の晴れ舞台のご案内や、お客様の歓迎に要するものですから何よりきれいに印刷できることが前提です。

    弊社商品は、我ら印刷業者が式場様にご提案している商品ですので印刷する中紙はご家庭用のプリンタ(インクジェット)では品質がどうしても劣ります。(弊社用紙は厚口高級上質紙ですのでインクジェットには対応していません) その点レーザープリンタでは、上質紙でもインクのにじみもなく、鮮明に仕上がります。

     

    それから席次表ですが、弊社では他社様で通販されているA4版は販売しておりません。結婚式場でも基本はすべてB4版です。A4では、紙面の物理的制約上どうしても小さいフォントを使用せねばなりません。やはり年配のゲストへの配慮も考えなるべく見やすい大きさで作成するべきとのことから、昔からB4版が用いられてきました。それでもA4用紙が多く販売されるようになったのは手作りする方が、家庭用A4インクジェットプリンタを使用されるので必然的に開発されたものです。

    ですので、弊社商品をご利用になられる方は、A3版レーザープリンタをご使用できる環境にある方がご利用になっていただきたいと思います。

     

     

    それでは、弊社取り扱いの手作りキットをご紹介します。

    今日は新商品の フィオラ(ホワイト) で内容をご案内いたします。

    なお、すべてのアイテムで料金は均一価格です。

    招待状・席札・メニュー表につきましては、シリーズ毎に印刷中紙の大きさが違います。

     

    ●結婚式招待状 手作りキット

    【印刷なし(用紙手作りキット)】189円(税込)
    【サイズ】 印刷用本状中紙:164×180mm ハガキ:90×148mm 封筒:120×177mm (シール付)

    結婚式招待状手作りキット

     

     

    ●結婚披露宴席次表 手作りキット

    【印刷なし(用紙手作りキット)】199円(税込)
    【サイズ】  印刷用中紙:255×364mm (ゴム紐付)

    結婚披露宴 席次表手作りキット

     

     

    ●結婚披露宴席札 手作りキット

    【印刷なし(用紙手作りキット)】1シート900円(税込)(12面付1枚当り75円)
    【サイズ】210×297mm/12面(枚)台紙付 ※商品により面付数が異なります。

    結婚披露宴 席札手作りキット

     

     

     

    ●結婚披露宴メニュー表 手作りキット

    【印刷なし(用紙手作りキット)】156円(税込)

    【サイズ】  印刷用紙:113×226mm (ゴム紐付)

     

    以上が弊社取り扱いの手作りキットのご案内です。全商品種類毎に均一価格を設定しています。

    全商品の詳細は、手作り用紙キット販売 のページでご紹介しておりますので是非ご覧になってください。

     

    なお、実際に見てみたい方にはサンプル3点を送料も無料でお送りできます。下のバナーからお気軽にご請求ください。

    資料請求フォームからも商品を確認できます。

    結婚式印刷部サンプル請求

     

    ネットや量販店で印刷込みよりご自分で手作りされる方が多いのは、なぜか考えてみました。(店長雑感)

     

    そもそも結婚式の印刷物というのは、印刷屋にとってはあまり儲からないものなのです悲しス。

    その最大の原因は印刷枚数が少ない。それと版が多い。(招待状セットなら本状・封筒・返信はがきご両家の4版もあります)

    今はオンデマンドのレーザープリンタなどで印刷してますが、10年ほど前には印刷会社ではみんなオフセット印刷機を回していました。オフセット印刷の詳述はしませんが、それはそれは多くの工程があります。

     

    そんないろんな手間がかかる中、1つ版を作って、それで多くても100枚程度しか印刷しない婚礼印刷物、招待状や席次表はロット的に採算が合わないのです。儲からない。通常の商業用チラシなどは1版でも何万枚も刷るわけですから。

    以前は式場様から取引を依頼されても断っている印刷屋さんが結構いました。

    そういうことから(割りに合わないので)、ネット通販を始めた印刷屋さんもペーパーアイテムの印刷には最初から参入しなかったのですね。だからネット上で印刷まで請けるサイトがあまりありませんでした。

     

    それとやっぱりネット通販というのは、ものを売るという性格のほうが強かったのでしょう。

    印刷という手間、いわゆる役務の提供、労働力を「商品」とするのにはなじまなかったんでしょうね。

     

    だから印刷屋さん以外の業者さんも参入し「紙売り」市場になってしまったように感じます。

    席次表が式場王道のB4版でなくA4版が出回ったのも、自作されるご自宅の家庭用プリンタはとほとんどA4だったからでしょう。

     

    それでは、次回は「結婚式の印刷物は印刷込みか手作りか=どちらが安い?」についてお話させていただきたいと思います。

     

     

    結婚式 招待状・席次表の格安制作印刷会社 IGW

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする